ストーリー

時は、幕末。京の都に壬生浪士組(後に、新選組)が誕生した。
尊王攘夷の風が吹き荒れる中、
不逞浪士の取り締まりが主な任務であった。
結成から、その名を全国に轟かせた
「池田屋事件」の活躍までを描く本作。

近藤勇、芹沢鴨、土方歳三、沖田総司。
それぞれの視点で描かれる、四つの物語。

「近藤勇の大志」「芹沢鴨の後悔」を暁ノ章、
「土方歳三の憂鬱」「沖田総司の純愛」を宵ノ章として、
全四話を上演。